給与の前払いシステムが魅力的

最近「給与の前払いシステム」サービスを導入している企業が増えています。

これは文字通り、指定の給料日よりも前に、希望者は可能な範囲の中から給与を受け取れるというものです。働く側からすれば、早くお金を受け取りたいということはあるでしょうし、雇う側からしても、そのような福利厚生サービスがあることで既存スタッフの離職率が改善されたり、新規雇用のタイミングで魅力的な武器にもなるので、導入するメリットは十分にあるというわけです。基本的にはシステムを導入すれば、当然その管理は提供している企業が行いますし、システムによって詳細が管理されていますので、導入した企業側の工数がかかってしまうことはほぼありません。

前払いシステムを提供している企業によって、その内容は若干異なりますが、従業員が金銭的に負担するというものは銀行振込手数料程度の数百円というものが多いです。もちろんこの前払いシステムを全く利用してないのであれば、何かしらの手数料が発生することはありません。あくまで給与の前払いを希望した方のみ、その振込のために手数料が幾分かかかるというものです。

申請してから着金までの仕組みとしては、携帯やパソコン等からインターネット回線を通じて、前払いの申請を行うことで、最短で即日の振込対応が可能です。もちろん利用した金額や履歴などの詳細は一覧で閲覧することができ、自分の裁量でシステムを利用することができます。ただし、サービスによっては携帯のみからであったり、パソコンのみであったり、専用アプリのダウンロードが必要だったりします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *