給与前払いシステムを導入する注意点

給与前払いシステムは専門の業者が、会社の代わりに従業員に対して給与の支払いを行うというものです。

月単位の支払いであっても労働した時間に応じて報酬は発生しているわけで、従業員にはそれを受け取る権利がありますが、システム的に日払いにするというのは効率的ではありません。そこで前払いシステムを導入することで、問題を解決できます。仕組みとしては、システム提供型とアウトソーシング型があり、前者の場合には立て替え払いとなり従業員が手数料を支払うもので、後者の場合には会社が前払いを行うための事務処理を専門の業者が行ってくれるというものです。

いずれの場合にも給与前払いシステムを利用する場合には、手数料を支払わなければなりませんが、従業員としてはいつでも請求して受け取ることができるため福利厚生という面でメリットがあります。一方で給与前払いシステムを導入することには注意すべきことも多くあるものです。ひとつは手数料が発生するものですから、その負担が大きくなりすぎると従業員が利用することを躊躇することもあります。

また企業が手続きを外注する場合にもコストが高くなるものです。また給与前払いシステムでは、従業員が働いて労働の対価分しか支払いされませんから勤怠データの提供が必要になります。このため、もともと勤怠管理がしっかりと出来ている状況でなければ利用は困難です。いずれにしても導入する場合には従業員のニーズに応えられるようなサービスであるか確認することが必要不可欠で、そのコストを支払ってでも導入して、利用してもらえるものである必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *