給与の支給に柔軟性をもたらす日払いシステム

給与の支払い方法には月払い、週払い、日払いなどの種類がありますが、通常は正社員や契約社員、パートタイマーなどは月払い、日雇い雇用者は日払いとなるのが一般的です。

しかし最近では、原則は月払いとしながらも必要に応じて日払いも可能という、柔軟なシステムを取り入れている企業が増加しています。これを日払いシステムといいます。工場などいわゆる日給月給制を採用している企業等での導入が目立ちます。日払いシステムは、従業員からの申し出があれば給料日前でも随時に給与を支給するというシステムです。

と言っても、月払い分の全額を支払うわけではありません。支給限度額は、それまでに働いた日数分までとなります。つまり既に支払われるべきものとして確定しているが、支給日がまだ到来していない分を前倒しで支払うわけです。この点が、一般的な前借り制度とは異なります。言うまでもないことですが、働く側にしてみれば自分が労務を提供した分の対価は少しでも早く手にしたいものです。

家賃や公租公課などの支払いサイクルが給料日と合っているとは限りませんし、時には突発的な出費が発生することもあります。そうした時に給与の日払いシステムを利用できれば、自分の生活スタイルに合ったお金の使い方ができるのでとても便利です。一方、企業側からすれば、求人広告を出す際にこのシステムを福利厚生制度の1つとしてアピールすれば、募集率をアップさせて労働力を安定的に確保できるチャンスが生まれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *