給与日払いシステムのメリット

親戚や知人、友人の突然の訃報、家電製品の故障など、給料日の前にまとまったお金が必要になることもあるでしょう。

給与日払いシステムを導入している企業に勤めていればそういった時に対応することができます。アルバイトや派遣ではない正社員でもこのシステムは利用可能です。勤怠の管理を得手とする業者がこのシステムを提供しています。会社により6%ほどの手数料が要りますが、消費者金融のように高額ではありません。

この給与日払いシステムには会社が資金をプールさせておくパターンと、依頼した業者が資金を用意しておくパターンがあります。注意点として必ずその日のうちにお給料がもらえるわけではありません。即日払い、もしくは当日現金支給と書かれていればその日のうちにもらえます。所得税に関しては日払いでも発生します。ただし差額分は申告すれば返ってきます。受け取り方については事務所で手渡される会社もありますし、銀行振り込みの場合もあります。

多くの企業がお給料は月末締め翌月20日払い、また25日払いです。その場合、新入社員は入社してから2ヶ月近くお給料を受け取ることができません。その間、カードローンや消費者金融などを利用しなければならないという人もいるでしょう。カードローンや消費者金融は金利も手数料も高額です。従業員だけでなく会社にとっても給与日払いシステムはメリットがあります。福利厚生として求人広告に載せることなどができます。
給与の日払いシステムのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *