給与日払いシステムの導入で変わるアルバイトの雇用

求人サイトや雑誌にアルバイト等の従業員を大量に採用しようとした時に、日払いができる会社かどうかで、応募してくる人数が変わってしまう場合があります。

アルバイトへの支払いを日払いに変更しただけで、応募数が最大6倍になった店舗がある、という企業もあるようです。企業の採用担当者も、給与を日払いにした方が応募数が多くなることを知っている人も少なくはありません。毎日の時関数の計算等の給与の支払いは、経理にかかる負担は大きく、経理の人数を増員しなくては対応できない場合も生じます。

そんな企業のために最近増えているのが、給与日払いシステムです。システムにはいろんな種類がありますが、導入すれば、勤怠管理システム等と連携することも可能です。経理の担当者はデータを入力するだけで、その後の給与計算等を代行してくれる所もあり、通常の経理業務に支障がないメリットもあります。

システムを導入したからといって企業側はアルバイト全員の支払いを、週払いや月払いからすべてを変更する必要はなく、福利厚生の一つとして日払いができるシステムがある、ということと希望者には使い方を教えておけば大丈夫です。アルバイト等の従業員は必要なお金が生じた時に、企業側に伝えなくてもスマートフォンから振り込みの申請することができます。システムを導入することによって、離職率が低下したという企業も少なくはありません。アルバイトだけでなく、正社員にも福利厚生の一貫として導入が広がっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *