給与の前払い制度のメリット・デメリット

給与の前払い制度は従業員から常に一定の需要があります。

このため自社が給与の前払い制度を構築すると、従業員に対して新しい福利厚生サービスを提供でき、他社の求人との差別化を図ることができるため、採用の際に有利に働く可能性があります。また、従業員は手持ちの現金が苦しくなると、隠れて自社以外でも働いてしまう場合があり、自社の仕事がないがしろにされてしまうという危険が発生します。

更に言えば、手持ちの現金が少ないがために従業員が犯罪に手を染めてしまい、自社の信用が傷つけられてしまうこともあり得ます。給与の前払い制度はこう言ったリスクを軽減できる点もメリットだといえます。逆に制度を導入するデメリットは、自社の経理担当者の業務負担が大きくなってしまう点です。

すべての従業員の現時点での給与を即座に計算することは簡単なことではありません。特に一定程度の従業員数がいる企業の担当者にとっては特に負担が大きくなります。こういった負担を軽減するためには前払いシステムの導入などが考えられますが、この場合でも制度を導入する前よりは業務負担は増加しますし、企業としてはシステム導入費用も新たに発生し、導入するシステムによっては、支払い時に従業員が手数料を支払わなければならない場合もあります。多くの場合給与の前払い制度は従業員から歓迎されますが、こういったメリットとデメリットがあるため、導入する際には慎重に検討を重ねる必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *