給与の前払いとは何か

給与の前払いとは、既に働いた分を本来の支給日よりも前倒しにして支払いを行うことであり、会社からお金を借りるのとは異なっています。

借金ではないので、利息が発生する心配はありません。例えば毎月25日に支給されることになっている場合、通常はその日にならなければ1円も貰えないので緊急のときに不便です。なお、法律上は出産、疾病、災害等の非常時に使う場合であれば使用者は従業員の請求に応じなければならないと規定されています。そのため、行楽などが目的で給与の前払いを求めた場合に断るのは問題ありませんが、条件を満たしているときに応じないのは違法になるので企業は注意が必要です。

前述したようにここで規定しているのは既に働いた分であり、それ以降のものは借りることになるので断れます。給与の前払いをすると処理の手間が増加することになりますが、近年は認めている企業も増えています。これはアルバイトなどは日払いや週払いが普通に行われているので、それに対応するためのものです。アンケートでも給与の前払いを希望する人の割合は多く、人手不足になりやすい現在では人員を確保するために条件を良くする必要があります。

また、従業員が安易に消費者金融などから借金をすることを防げます。借金ができると使えるお金が増えたと錯覚して使い過ぎ、返済できなくなるケースも少なくありません。このようになると業務にも支障が出てしまうので、給与の前払いで防止することに意味があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *