給与の前払いシステムで離職率を下げる

社員の中には、お金が足りなくなって給与を前払いしてほしいという人もいます。

実際、労働者の権利として前払いは認められていますが経理上の手続きが面倒に感じている雇用主も少なくありません。しかし、社員に不満があると離職率につながったり求人を出しても応募が少なくなるなど悪影響が出てきます。なので、可能な限り申し出があったときは対応することをお勧めします。もし、手続きが大変に感じているのであれば前払いシステムを外注で依頼するという方法がお勧めです。

前払いシステムは、雇用主と社員の間に入って給与の前払いなどの管理を全て行います。労働者の権利といっても、給与の前払いが可能なのはすでに働いている時間に対する分だけです。例えば、半月働いていたとしたら半月分のお金がもらえます。何日すでに働いているかという計算が必要なので、申し出があったら細かい計算と確認が必要です。前払いシステムでは、こうした面倒な計算や確認を一括して行うことが可能です。

実際には、社員から前払いシステムに申請した後に雇用主側にシステムから口座へ振り込みするよう連絡が入ります。雇用主は連絡があったら、その金額だけ振り込めば良いので手間がかかりません。社員はシステムに申請すれば、比較的すぐにお金が受け取れるようになります。非常に働きやすく、すぐにお金が手に入るためやる気にもつながります。結果的に離職率が下がったり、求人に対する応募者が増えることもあり雇用主にとっても魅力的なシステムです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *