働き手が安心できる、給与の前払いシステム

「現場が予定よりも早く終わってしまった」「客足が低調で、現場責任者から早上がりを指示された」など、単発のお仕事で給与が予想よりも減ってしまうことは多々あるもの。

しかし、働き手からすると、早く仕事が終わってしまってため事前に計画していた金額がもらえないことは収入面で大きな痛手となるとともに、働くモチベーションにまで影響してくる大きな問題です。そしてこのことは、後々働き手と職場のトラブルにも発展しかねません。働き手が安心できる仕組みとして、給与の前払いシステムがあります。

前払いシステム導入されていれば、働き手に確定している額の給与が現場入りする前に支払われます。なので働き手は、自分の現場の上がり時間が早くなることを気にすることなく仕事に集中できますし、万が一仕事が早く終わったとしても逆にモチベーションアップにつながります。そして職場側も働き手がモチベーションアップしてくれることで、職場の効率化につなげることができる、Win-Winの関係を作ることができます。

給与の前払いシステムは働き手のモチベーションアップや現場の効率アップにもつながる仕組みですが、一方で働き手のモラルも要求されます。先に給与を支払うということは職場が働き手を信用しているということですから、その信用にこたえるべくきちんと仕事をしなければいけません。Win-Winの関係は、働き手と職場それぞれがお互いを信用してはじめて成り立つものなのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *