給与前払いシステムで福利厚生の改善

給与前払いは、実際の支給日から繰り上げ、それまでに働いた分を先払いでもらうことができる仕組みです。

アルバイトやパートの方などを中心に最近人気の高いサービスです。急な出費が続いた時に、このようなサービスが利用できると助かる方も多いのではないでしょうか。しかし、企業側では作業負荷が高くなります。支給タイミングが異なるため、何度も給与計算が発生します。また、どこまでの労働について支給したかといった勤怠管理を絡めて処理する必要があるため、その計算も煩雑になります。

このような作業を軽減するため、前払いシステムが数多く存在します。自社に前払いシステムを導入し、作業軽減を目的とした導入もありますが、この作業自体をアウトソーシングして他社にやってもらう方法もあります。給与前払いシステムを導入することにより、採用応募数の増加が見込めます。月払いより週払いが、週払いより日払いの方が採用応募数が増える傾向があります。人手不足と言われている現在では無視できないところです。

また。離職率の低下につながっているというデータもあります。給与前払いシステムを導入する際、注意しておく法律があります。それは給与前払いに関する法律で賃金支払い5原則というものです。運用ルールなどによっては、この法律に抵触してしまう恐れがあります。福利厚生の改善を考えている人事担当者の方は、前払いシステムの導入を検討してみることをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *