メガバンクもサービスを提供、給与の前払いシステム

福利厚生の一つとして給与の前払いシステムを導入する企業が増えてきており、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行などのメガバンクもサービスを提供しています。

三菱東京UFJ銀行が提供する給与の前払いシステム、フレックスチャージは、低コストで導入することができ、従業員一人ひとりの限度額の範囲内で希望日に銀行振込をするサービスです。銀行口座は他行でも可能で、従業員はスマートフォンやパソコンから申請をすることが出来ます。三菱東京UFJ銀行は経費の仮払いにも対応しており、従業員は申請した立て替え経費を必要なときに受けとることが出来るので便利です。

三井住友銀行が提供している給与の前払いシステムは、さくら情報をシステムと提携しており、700社が導入している初期導入費用無料のサービスです。三井住友銀行のセキュリティ基準に沿っているので安全性は高く、従業員の申請を受けると、振り込みデータの作成までを自動で行うことができます。企業側との取り決めにもよりますが、月に何度でも利用することが出来ます。

振込みまでの時間もスピーディーで、前日の24時までに申請すると翌銀行営業日には振り込まれるので、急な入院や身内の不幸等にあってしまったときには助かります。給与の前払いシステムは従業員にとっては、急な出費等の時に強い味方になってくれるだけでなく、キャッシングや消費者金融等に借りなくて済むので、信用情報に履歴が残らないといったメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *