給与の日払いの利点と注意点

給与の日払いというと働いた日に賃金をもらえるイメージがあるかもしれませんが、日払いというのは給与の締め日が1日単位ということで、その日に賃金がもらえるということではなく実際には後日支払いということが多いです。

日雇いなどとも混同されがちですが、日雇いとは雇用契約上の期間のことで1日単位で契約するということで、一定期間働くことが分かっている場合は、これもまた賃金が支払われるのは後日ということになります。緊急にお金が必要で、働いた日に給与が欲しい場合は即日払いを明記してある仕事を選ぶ必要があります。

日払い給与というと、印象としてはアルバイトやパートなどの勤務形態を連想しがちですが、最近は正社員でも利用可能にする企業がでてきました。月給制から日給制に変えるということではなく、給与形態はそのままで既に働いた分を給料日よりも先に引き出せるようにしているということです。背景に人手不足の解消や離職者に歯止めをかけたいということがあり、実際に日払いをかかげたほうがアルバイトなども人が集まりやすく、働いた分を必要に応じて受け取ることができるため正社員にも達成感があると人気のようです。

ただし経営者と労働者、双方にとって利点ばかりではありません。経営者にとっては管理が複雑になり事務コストがかかるだけでなく法律的にグレーな部分がありますし、労働者にとっては引き出しに手数料がかかるため頻度が高いと結局は手取りが減るということになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *