給与を日払いにする流れとは

一般的に給与というものは、一月に一度月末などに支払われるものです。

それに対して、日払い制度は申請することで働いた分を給料日まえに受け取れるものです。当制度は単発イベントなどの仕事で採用されてきたものですが、近年になって飲食業等を中心に導入が広がっています。その背景には深刻な人手不足があり、従業員確保のための苦肉の策となっているわけです。確かに日払い給与は人材確保に一役かっており、従業員の定着率も良くなる傾向があります。

日給月給制度は以前からありましたが、限られた業種しか導入していませんでした。その理由のひとつが、現金による資金調達が必要だったからです。また、従業員を短期で雇用するのは、手続き的にも労力やコストがかかっていました。」それが、ネット社会の発展によって日払い制度を導入しやすくなったわけです。日払いはフリーターの仕事というイメージがありましたが、現在では自由な働き方として見直されています。

大手デリバリー企業の参入で、むしろカッコ良いイメージもついてきました。ECの拡大にともなって、今後はさらにデリバリー業界が活性化すると見込まれています。また、デリバリーに限らず、他の分野においても日払い給与を導入する企業が増加すると予想されます。かつては仕事には熟練したスキルが求められていましたが、今はスマホやAIなどの普及で時間をかけなくても相当な仕事ができるようになりました。それゆえ誰もが誰かの役に立てるようになっています。仕事に対する報酬も全てスマホでやり取りできるので、セキュリティ面でも安心です。
給与の日払いのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *