給与計算の基本について

会社で働いている人は、給与をもらって生活をしています。

しかし、どのようにして給与計算がされているかしっかりと把握している人は少ないでしょう。基本的な知識を身につけることで、もらっている給与の項目にはどのような意味があるのか知ることができます。一般の人も給与計算に関して詳しくなっておくと便利です。まず、給与は労働にたいする対価だと考えるべきです。

働いている人の労働にみあった金額を企業は支給しなければいけません。労働した分をすべて支給するのではなく、そこから健康保険料や住民税や所得税を徴収されます。天引きされるぶんが引かれた金額が従業員の口座に振り込まれます。基本給は給与計算のなかでも最もメインとなる項目です。働いた年数や経験年数や能力によって変動します。一般的には働いている期間が長いほど、給与もあがっていきます。基本給にプラスして残業代や住宅手当や扶養手当が支給されます。

手当のなかには労働時間に関係なく支給されるものもあるので、覚えておきましょう。もらっている手当てがどのような意味を持っているか知るのです。休日出勤手当てや時間外勤務手当てなど、企業によっても名称がさまざまです。給与計算の基本をマスターすれば、明細を細かく見ることができるようになります。給与計算をするときには、従業員によって計算する項目や手当てが違ってくるので、作業に時間がかかってしまいます。ソフトの導入をして作業効率をあげていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *