控除額に注意が必要な給与計算

月給にしろ日給にしろ時間給にしろ、控除について注意をして給与計算を行わなければなりません。

この際に、所得税や住民税の控除を行わなければならない人と、所得税だけ控除を行わなければならない人と、介護保険料の控除を行わないと行けない人など、それぞれ異なります。給与計算でよくソフトを利用して計算を行っての支給をしているケースがありますが、この場合でも最終的なチェックを行うのは人間です。給与計算上でよく問題となる控除ですが、この控除額は基本的には年中で変更になることはありません。

しかしながら、所得税などでは税法の変更で、変わることがあり得ます。したがって、その変更に合わせた対応を迫られます。人手でするにせよ、電算上でするにせよ、それぞれ変更を迫られることは間違いがない状況です。この際の所得税は、通常支給する前に分かりますから、源泉徴収により差し引いているのが一般的です。正社員や期間限定社員極端な例で言えば日雇いの人であっても、所得税は差し引かれています。

もし、働いてもらっている給与と控除している所得税などの調整が必要であれば、確定申告で正しい所得税に調整する必要が生じてきます。もし多く払いすぎている場合は所得税の還付を受けることとなり、逆に払えてない場合には納税を行わなければならなくなります。給与計算でしっかりと控除等が正しく処理が行われていなければ、当然ですが従業員にもまた税務署等にも迷惑を掛けてしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *