給与計算ソフトの概要

従業員の勤務を管理し、正しい給与計算をするために用いる給与計算ソフトはどのような仕組になっているのでしょうか。

雇用形態や給与の支払い法にもさまざまなものがありますが、給与計算ソフトはそのいずれにも対応できるようなシステムになっています。時給制で働く従業員である場合は、月ごとの出勤日数や通常勤務時間、残業時間などを入力することによって予め登録してある社員情報に応じた時給額に応じて自動計算をしてくれます。通常の勤務時間は時給にかけることで誰でも簡単に計算することができますが、残業勤務があった場合の計算方法や休日出勤の計算方法については理解していない場合もあるでしょう。

時間給による勤務の場合、休憩時間を差し引いた1日8時間を超える勤務については残業時間の時給額を適応させる必要があります。また、一週間のうち6日間連続勤務した後の7日目は休日出勤として取り扱いますが、これらについてもソフトを用いることで正しい給与計算が行えます。

交通費を支払っている場合はその額、給与から徴収する源泉所得税や従業員の雇用保険や健康保険などの控除対象額もそれぞれ自動計算をし、給与明細をプリントアウトすることができます。また、できることは給与計算のみならず、勤続年数に応じた従業員ごとの年次有給休暇日数の管理、源泉徴収簿や源泉徴収票の発行をともなう年末調整の作業も行うことができ、手計算による事務作業の負担を大幅に軽減することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *